SELECTED ENTRIES
ブログ内カスタム検索


CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
   



TAB button

あわせて読みたいブログパーツ

RECENT TRACKBACK
LINKS
はてなRSSへ追加

My Yahooへ追加

Livedoorへ追加

gooへ追加

Google Readerへ追加

購読する Bloglines

Paipoへ追加

NewsGator Onlineへ追加

feedpathへ追加

Add to Excite MIX


Powered by FeedBurner



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
OTHERS

[05]

district OMOTE : 05
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アートフェア東京2012
ことしもしっかりと会社を休んでアートフェア東京へ。
春の恒例イベント。ってイメージだけど、昨年は震災の影響で延期されたわけで、桜の予感を感じて有楽町に向かうのは2年ぶりとなる。
1日パスポートを前日にちゃっかり購入していったんだけど、当日券には長蛇の列。良いことだ。

以下、当日の自分のメモから。
荒木珠奈、釘町彰、狩俣公介、松尾藤代、Jan De Vliegher、田中圭介、大畑伸太郎、岩井優、山川冬樹あたりはちょっと気になったあたり。(もともと好きな作家は除く。ボヘミアンズギルドなんて素晴らしすぎて泣けた)


何より良かったのは、前回一部を見逃してしまった
「Body Talks? 未知なるカラダ」
を観ることができたこと。森弘治、SHIMURABROS、Apichatpong Weerasethakulは2度目。加えて山下麻衣+ 小林直人作品や森村泰昌、松井智恵など。どれもすごく良かった。SHIMURABROS.のはすごい印象に残ってて、2度観られたのは僥倖。
田中巧起の作品もじっくり。でも「Body Talks? 未知なるカラダ」のほうが楽しい。
映像といえば会場内のChim↑Pomの「GAS PANIC」も素敵だった。


そして今回、購入手前までいったのは意外にも浅野弥衛。故人である。BASE GALLERYとyasaka galleryに置いてあって、BASE GALLERYで見かけたのはもう一回見たくて戻ったときには売れていた。話を聞いてみると、あなたのようなお若い方で浅野弥衛のファンは珍しい。と、展示していなかった浅野弥衛のひっかきつきの油絵を見せてくれた。
yasaka galleryにもBASEと同じシリーズと小作品の2点あり、こちらでも話し込んでしまった。
売約済ではない小さいほうについて検討してみたが、多少傷があり、そのぶん安くもしてくれたが、最終的には断念した。具象より抽象が好みということと傷が気になったから。yasakaでは何十万もする買い物だし、、悩みますという話をしたら3日間パスポートをいただいた。ありがたい。浅野作品があるというわけではないみたいだが、名古屋で寄ってみようと思う。

今回残念だったのは、毎度変わらぬ作家を出し続けるギャラリーがつまらないという毎度の悩みと、海外のギャラリーがこれまでよりつまらなかった事。出展数は増えてるのかもしれないけど。

ま、そんな感じのアートフェア東京2012でございました。
| アート | 22:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
北川貴好「フロアランドスケープ 開き、つないで、閉じていく」
もう終わってますが・・・。
アサヒ・アートスクエアでの展示、北川貴好「フロアランドスケープ 開き、つないで、閉じていく」に平日、通院での半休をとったので寄った。

他のお客さんは無し。作家さん本人からじっくりと解説を聞けた。
光り物はちょっとぴんと来なかったけど、水を使う物はなかなか良い。トリエンナーレ等々で何度か拝見してるけど、じっくり見たのは初めて。今後も気にしてみようと思う。

北川貴好「フロアランドスケープ 開き、つないで、閉じていく」
http://www.tokyoartbeat.com/event/2011/B4F5
| アート | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
豊田市美術館「山本糾 光・水・電気」「みえるもの/みえないもの」
沼津から東名を一気に西へ。全日の雪の影響か、東名はまさかの50km制限をしていた。次の約束もあるので遅れられず、90キロオーバーで(ウソデス)豊田市美術館に到着。相変わらず美しい。雪がしっかり残っててさらに美しい。
ランドスケープ・デザインを行ったピーター・ウォーカーは、降雪時の溶け方まで考えたんじゃないかなと思ってしまった。
そういえば幕張でIBMの建物撮ってたときに、ピーター・ウォーカーの事務所の人に話しかけられたのを思い出した。もう15年くらい前の話だ。最近どんな仕事をしてるんだろう。


まずは企画展「山本糾 光・水・電気」。都内でも展示をしていたけどそちらには寄れなかったから観てみたけど、あんまり良くない。奥さんにも不評。
個人的には、撮りたいものが少々ぶれてる気がした。地味とか派手とかじゃなくて。
水面のシリーズくらいかな。気に入ったのは。他のはでかいカメラ使えば良いってもんじゃないよね。。って感想。

常設は逆に良かった。すごく贅沢な顔ぶれでびっくりした。まさかと思って、「全部コレクションじゃないですよね?」って聞いてしまったくらい。奥さんはソフィ・カルやローマン・オパルカあたりに反応してた。



駐車場ではこどもたちが雪合戦をしていた。

IMG_4011


みえるもの/みえないもの
2012年1月7日[土] 〜 3月25日[日]
豊田市美術館
出品作家:荒木経惟、アルマン、クリスチャン・ボルタンスキー、ソフィ・カル、ナン・ゴールディン、川内倫子、松江泰治、ボリス・ミハイロフ、中川幸夫、中西信洋、ローマン・オパルカ、ミケランジェロ・ピストレット、 志賀理江子、曽根 裕、杉本博司
| アート | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
野口里佳 「光は未来に届く」 - IZU PHOTO MUSEUM
平日のクレマチス、開館時間のIZU PHOTO MUSEUMでの展示、野口里佳 「光は未来に届く」。
関東での個展にはここ10年以上すべて寄っている作家さん。今回は奥さんも連れて沼津へ行った。

IMG_3968

マラブとか太陽とか水をつかむとかは無かったけど、初期の作品観られたのは素晴らしい。奥さんも気に入ったみたいで良かった。
静かな環境を求めて平日の朝いちに寄ったのに森美にいるタイプのうるさいおばさん達がいて少々残念。
箱は思ったよりも普通。ショップも個性なし。

IZU PHOTO MUSEUM
| アート | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
チャーリー・コールハース 「Metabolism Trip」
マルジェラの上にあるスペース。生の鏡がぶら下がってて、鋭角恐怖もあって個人的には辛い展示だった。とはいえメタボリズムな2012年年明けって感じ。アプローチはおもしろいけど経年に負けたという、時間軸を強烈に感じる点がメタボリズムのおもしろいところだと思った。
その後見たマルジェラのセールは収穫なし。

TAB イベント - チャーリー・コールハース 「Metabolism Trip」
| アート | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
細倉真弓 「KAZAN」
ついで寄りだけど案外良かった。他の作品を観られるチャンスがあったらまた寄りたい。

TAB イベント - 細倉真弓 「KAZAN」
| アート | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
鷹野晃 「東京屋上散歩」
観たログ。おもしろくない。

TAB イベント - 鷹野晃 「東京屋上散歩」
| アート | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
小西真奈 「Alex」
アラタニウラノでの個展に初日うかがった。
お子さんモチーフの作品。前回に続き人物。子どもモチーフ。

一番人気があったころの作品が売りに出されていたらしく、裏においてあったのでタナボタで拝見。すばらしい。全盛期、といったら失礼かもしれないけど、幅1.5Mクラスの小西的風景画、しかも伊豆シリーズが、超お買い得で出ていたわけで、興奮した。さすがに奥さん相談無しに変えないからと諦めたけど(検討のうえ、後日購入は断念)良いものを観た。
また風景やってくれないかな。

TAB イベント - 小西真奈 「Alex」
| アート | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
佐野陽一 久村卓 山極満博 「行きつ戻りつ つくり つくられること」
観たログ

TAB イベント - 佐野陽一 久村卓 山極満博 「行きつ戻りつ つくり つくられること」
| アート | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ライアン・ガンダー展:メゾンエルメス
逃すわけにいかなかったライアン・ガンダー展。
人が少ない状況でゆっくり読み解く時間を取りたい、と年末の仕事納めのあとの平日、銀座へ向かった。

サブタイトルは「堕ちるイカロス−失われた展覧会」
まあ履歴程度のログという事であんま書かないけど、とても良かった。おもしろかった。
見逃しまくって帰った人も多いと思うなー。

| アート | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |





 | 1 / 47 PAGES | >>