SELECTED ENTRIES
ブログ内カスタム検索


CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
   



TAB button

あわせて読みたいブログパーツ

RECENT TRACKBACK
LINKS
はてなRSSへ追加

My Yahooへ追加

Livedoorへ追加

gooへ追加

Google Readerへ追加

購読する Bloglines

Paipoへ追加

NewsGator Onlineへ追加

feedpathへ追加

Add to Excite MIX


Powered by FeedBurner



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
OTHERS

[05]

district OMOTE : 05
<< tessenのランチ | main | 豊田市美術館レストラン七州(しちしゅう) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
豊田市美術館「山本糾 光・水・電気」「みえるもの/みえないもの」
沼津から東名を一気に西へ。全日の雪の影響か、東名はまさかの50km制限をしていた。次の約束もあるので遅れられず、90キロオーバーで(ウソデス)豊田市美術館に到着。相変わらず美しい。雪がしっかり残っててさらに美しい。
ランドスケープ・デザインを行ったピーター・ウォーカーは、降雪時の溶け方まで考えたんじゃないかなと思ってしまった。
そういえば幕張でIBMの建物撮ってたときに、ピーター・ウォーカーの事務所の人に話しかけられたのを思い出した。もう15年くらい前の話だ。最近どんな仕事をしてるんだろう。


まずは企画展「山本糾 光・水・電気」。都内でも展示をしていたけどそちらには寄れなかったから観てみたけど、あんまり良くない。奥さんにも不評。
個人的には、撮りたいものが少々ぶれてる気がした。地味とか派手とかじゃなくて。
水面のシリーズくらいかな。気に入ったのは。他のはでかいカメラ使えば良いってもんじゃないよね。。って感想。

常設は逆に良かった。すごく贅沢な顔ぶれでびっくりした。まさかと思って、「全部コレクションじゃないですよね?」って聞いてしまったくらい。奥さんはソフィ・カルやローマン・オパルカあたりに反応してた。



駐車場ではこどもたちが雪合戦をしていた。

IMG_4011


みえるもの/みえないもの
2012年1月7日[土] 〜 3月25日[日]
豊田市美術館
出品作家:荒木経惟、アルマン、クリスチャン・ボルタンスキー、ソフィ・カル、ナン・ゴールディン、川内倫子、松江泰治、ボリス・ミハイロフ、中川幸夫、中西信洋、ローマン・オパルカ、ミケランジェロ・ピストレット、 志賀理江子、曽根 裕、杉本博司
| アート | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:54 | - | - |














http://ctw.jugem.cc/trackback/2862