SELECTED ENTRIES
ブログ内カスタム検索


CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
   



TAB button

あわせて読みたいブログパーツ

RECENT TRACKBACK
LINKS
はてなRSSへ追加

My Yahooへ追加

Livedoorへ追加

gooへ追加

Google Readerへ追加

購読する Bloglines

Paipoへ追加

NewsGator Onlineへ追加

feedpathへ追加

Add to Excite MIX


Powered by FeedBurner



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
OTHERS

[05]

district OMOTE : 05
<< キネカ大森でさらば、『さらば、わが愛/覇王別姫』 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アートフェア東京2012
ことしもしっかりと会社を休んでアートフェア東京へ。
春の恒例イベント。ってイメージだけど、昨年は震災の影響で延期されたわけで、桜の予感を感じて有楽町に向かうのは2年ぶりとなる。
1日パスポートを前日にちゃっかり購入していったんだけど、当日券には長蛇の列。良いことだ。

以下、当日の自分のメモから。
荒木珠奈、釘町彰、狩俣公介、松尾藤代、Jan De Vliegher、田中圭介、大畑伸太郎、岩井優、山川冬樹あたりはちょっと気になったあたり。(もともと好きな作家は除く。ボヘミアンズギルドなんて素晴らしすぎて泣けた)


何より良かったのは、前回一部を見逃してしまった
「Body Talks? 未知なるカラダ」
を観ることができたこと。森弘治、SHIMURABROS、Apichatpong Weerasethakulは2度目。加えて山下麻衣+ 小林直人作品や森村泰昌、松井智恵など。どれもすごく良かった。SHIMURABROS.のはすごい印象に残ってて、2度観られたのは僥倖。
田中巧起の作品もじっくり。でも「Body Talks? 未知なるカラダ」のほうが楽しい。
映像といえば会場内のChim↑Pomの「GAS PANIC」も素敵だった。


そして今回、購入手前までいったのは意外にも浅野弥衛。故人である。BASE GALLERYとyasaka galleryに置いてあって、BASE GALLERYで見かけたのはもう一回見たくて戻ったときには売れていた。話を聞いてみると、あなたのようなお若い方で浅野弥衛のファンは珍しい。と、展示していなかった浅野弥衛のひっかきつきの油絵を見せてくれた。
yasaka galleryにもBASEと同じシリーズと小作品の2点あり、こちらでも話し込んでしまった。
売約済ではない小さいほうについて検討してみたが、多少傷があり、そのぶん安くもしてくれたが、最終的には断念した。具象より抽象が好みということと傷が気になったから。yasakaでは何十万もする買い物だし、、悩みますという話をしたら3日間パスポートをいただいた。ありがたい。浅野作品があるというわけではないみたいだが、名古屋で寄ってみようと思う。

今回残念だったのは、毎度変わらぬ作家を出し続けるギャラリーがつまらないという毎度の悩みと、海外のギャラリーがこれまでよりつまらなかった事。出展数は増えてるのかもしれないけど。

ま、そんな感じのアートフェア東京2012でございました。
| アート | 22:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:57 | - | - |





管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/08/02 3:24 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/08/02 3:24 PM |









http://ctw.jugem.cc/trackback/2877